1DX_1376.jpg

伝統の味 くぼて漬
「論語」に「五宝八珍の美に調味料として醤を用ゆ」とあり、醪(もろみ)味噌は醸造調味料の元祖として知られる
日本に大豆加工品が伝えられたのは佛教伝来の頃、佛教文化の中心地をなし、山伏達の修験道場と知られる
豊前求菩提に味噌、もろみが発達した。「くぼて漬」は修験道の昔から求菩提に伝わる自家製独自の風味を
そのまま、みなさまの食卓に伝えたいと「二反田醤油本店」が特に意を尽くした商品です。

醤油屋ならではの製法 と さまざまな種類の野菜

原料の野菜を処理をし塩漬けにして半年、二年以上熟成させた「しょうゆもろみ」を使った調味液に漬けて半年。
長期間、漬けこんだ濃厚な味と風味の豊かさが特徴、醤油を搾る前の貴重な「もろみ」を使った醤油屋にしかできない贅沢な漬物です。
昔から変わらず多くの工程を手作業で丁寧に大根、胡瓜、人参、ワカメ、ゴボウ、セロリ、梅、こんにゃく、などを漬けています。

モロミ作りに二年以上
1DX_1086.jpg1DX_1134.jpg1DX_1164.jpg

漬けて半年 手作業で丁寧に
1DX_1183.jpg1DX_1198.jpg1DX_1189.jpg
濃厚な味わい